日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月31日 (金) | 編集 |
2010年”最後”に鑑賞した映画。
松の廊下での刃傷沙汰、12月14日の赤穂浪士による吉良邸討ち入り、そして切腹…というのが『忠臣蔵』のよくあるドラマの流れですが、今作はその後日談で赤穂浪士の生き残りである寺坂吉右衛門と瀬尾孫左衛門の2人を描いた作品。
この生き残った2人、実は大石内蔵助より密命を受けており、吉右衛門には遺族を助け、討ち入りの真実を後世に伝える役目を、孫左衛門には内蔵助の隠し子である可音を育て守る役目を与えられています。
その使命は苛酷なもので、自分だけが生き長らえたことで遺族からは臆病者と罵られたり、また時には味方をも欺く必要があり、死んでいった仲間たちよりも苦難に満ちた人生だったと思います。
孫左衛門を演じた役所公司さんの演技は実に見事。
武士の生き様みたいなものを見せつけられたような気がします。
やや影が薄かったものの、佐藤浩市さんも素晴らしかった。
可音の嫁入りシーンには思わず号泣。
(随分前に観た『ペイ・フォワード』を思い出しました)
物語の随所に挿入された人形浄瑠璃も印象的。
忠義に生きる武士の生き様を丁寧に描いた作品でした。

★★★☆☆ 75点


最後の忠臣蔵 Blu-ray & DVDセット豪華版【特典映像ディスク &解説ブックレット付き】 (初回限定生産)最後の忠臣蔵 Blu-ray & DVDセット豪華版【特典映像ディスク &解説ブックレット付き】 (初回限定生産)
(2011/06/15)
役所広司、佐藤浩市 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。