日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年01月21日 (金) | 編集 |
年末年始にかけて、自転車のパワーアップを敢行。



   その1:タイヤ交換


初期装備のタイヤ(マキシス デトネイター)700×28cのものでしたが、より速く走れるように細めのタイヤに交換。
交換したタイヤはシュワルベ ブリザード 700×25c
チューブも初期装備のものは使えなかったので、同じくシュワルベのチューブに交換。
前のタイヤに比べて乗り心地が軽くなったような気がします。


自転車パワーアップ01
BEFORE
前のタイヤは白いラインが入ってました。


自転車パワーアップ02
AFTER
新しいタイヤは黒一色で見た目が精悍になりました。



   その2:ペダル交換


かねてより交換したかったビンディングペダル(SHIMANO PD‐A530)をついに装着。
ビンディングペダルは普通のペダルと違い、足が固定された状態になるので、ペダルを下に押す力のみならず上に引く力も使え、効率よく自転車を漕ぐことができます。
実際漕いでみると、力がダイレクトに伝わるような感じがしました。
足が固定されているので、そのまま停止したら転倒します。
気をつけましょう(私も2度ほどコケました…笑)。


自転車パワーアップ03
BEFORE
普通のペダルです。


自転車パワーアップ04

自転車パワーアップ05
AFTER
ビンディングペダルはこのようになっています。
表と裏の形状が違っていて、片方の面が専用シューズ、もう片方の平らな面は普通の靴で乗れます。


自転車パワーアップ06
ビンディングペダルには専用のシューズが必要です。
一見普通のシューズみたいですが裏を見ると…


自転車パワーアップ07
こんな風になってます。
ねじで固定された蓋を外し…


自転車パワーアップ08
”クリート”と呼ばれる金具を取り付けます。
この金具でペダルに接続されます。



   その3:ツーリングアイテム搭載


自転車パワーアップ09
携帯用空気入れ、予備チューブ、パンク修理セット、携帯用工具を自転車に搭載。
これでツーリングも安心!!!



   その4:チェーンをクリーニング


自転車パワーアップ10
通販で取り寄せたチェーンクリーナーでチェーンを清掃。
うまくやるコツがあるのでしょうが、チェーンは外れるわ、液は飛び散るわで思ったよりやりにくかったなぁ…。
でもせっかく買ったので2,3ヶ月に1度は清掃しようと思います。



ざっとこんな感じですが、これで私の自転車もツーリング仕様になりました(多分)。
これからのサイクリングが楽しみです。
(私としては、早く暖かくなってほしいところです…)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。