日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年01月25日 (火) | 編集 |

     1月16日

大会当日、6時半起床。
相変わらず喉の調子はよくないものの、熱は下がってました。
起きて準備を開始。

7時過ぎ、チェックアウト。
今回は短い滞在だったので名残惜しかったのですが、宿のおかみさんにご挨拶。
こうしてグレイスホテルを後にしました。


車で約30分ほど移動。
会場は恩納村コミュニティセンターですが、車はその近くの瀬良垣漁港に停めなければなりません。
車を漁港に停め、輪行袋に入れた自転車を組み立てました。
周りを見ると、みんないい自転車に乗ってるなぁ~。
思わずため息が出ました(笑)。


沖縄旅行記 センチュリーラン編 03
自転車は約10分で完成。
ちなみにこの日の服装は上はTシャツの上にジャージを着て、ウィンドブレーカーを羽織り、下はレーシングタイツとその上にショートパンツを着用。
靴はビンディングペダル用のシューズ、あとヘルメット、サングラス、グローブも着用。
勝負服で身を固めると気持ちが引き締まります。

恩納村コミュニティセンターに行くと、すでに多くの選手たちが集っていました。
自転車もロードバイクにクロスバイク、マウンテンバイクと様々。
沖縄という土地柄でしょうか、外国人の選手も多く見受けられました。
私が出場するコースは4つのうちの1つ、古宇利・桜ロードコース
9時スタートで、恩納村~名護~古宇利島~名護~恩納村の約100kmの距離を走ります。
出発まで軽くウォーミングアップ。


9時、選手たちは一斉にスタート!!!
…といきたいところですが、あまりの大人数なので少しずつ時間をずらしてのスタート。


沖縄旅行記 センチュリーラン編 04
9時10分、ようやく出発!!!!
これから約100km走ると思うと少し緊張しました。
大会当日の気温は12~13度ぐらい。
沖縄の人にとっては寒いようですが、九州の人間からすると11月下旬ぐらいの寒さでしょうか。
前回のツール・ド・フクオカの時とそんなに変わらなかったように思います。


沖縄旅行記 センチュリーラン編 05
序盤はそれほどアップダウンは少なく、走りながら見た海の色は本当にきれいでした。
しかし、天候の不安定さに泣かされるとは思いもしなかったなぁ…。
時々雨や風に見舞われました。
「これから先も雨が降るのかなぁ?」と思うと暗澹たる気持ちになりそうでしたが、道をどんどん進みました。


沖縄旅行記 センチュリーラン編 06
11時過ぎ、最初のチェックポイントである名護市民会館に到着。
ここでトイレ休憩、ドリンクや食べ物を補給しました。
ここまでの距離は20.4km

名護市街をしばらく走ると、橋が見えてきました。
古宇利島の手前、屋我地島に架かる橋を渡るとそこから先は田舎道。
のどかな景色が続きます。
が、ここからアップダウンが激しくなり、途中何度か自転車を押すことに。
古宇利島に着くまではけっこうきつかったなぁ…。

アップダウンを超えた後、ついに見えてきました。
古宇利大橋が!!!!


沖縄旅行記 センチュリーラン編 07

「見えたぁーーー!!!」

見るからに長ーい橋です。
橋の下に広がるエメラルドグリーンの海もきれいです。


沖縄旅行記 センチュリーラン編 08
美ら海をバックに我が愛車を撮影。
海の色と自転車の色がマッチしてると思いますが、いかがでしょう?

いやぁ~、本当に長い橋です。
走っても走っても、まだ橋、橋、橋。そんな感じです。
橋の端から端まで約2kmあるのだから、そりゃ長いはずですよね。
(さて、何回”はし”といったでしょう?)


沖縄旅行記 センチュリーラン編 09
古宇利大橋を渡り、チェックポイントである古宇利島ふれあい広場に到着。
ここまでの距離は44.6km、ちょうど折り返し地点となります。
12時過ぎ、古宇利島を出発。

再び古宇利大橋を渡ると、帰りは違うルートを通ることに。
行きと違いアップダウンも少なく比較的楽でした。

橋を渡り、屋我地島を後にしました。
ここからしばらく進むと、待ちに待った昼食。
”OKINAWAフルーツらんど”が昼食会場ですが、そこまでの道のりが最大の難所でした。

屋我地島を出てしばらくは海沿いの道を走りましたが、海から吹いてくる風が強くて、走りにくいことこの上ありません。
本当に泣きそうになったほどです。
苦難はそれだけにとどまらず、海沿いの道を過ぎると、屋我地島の時以上に険しい上り坂。
この時ばかりはさすがにバテバテで、自転車を押して登りました。
もっとも、この地点ではみんなきつそうだったなぁ…。


沖縄旅行記 センチュリーラン編 10
海風や上り坂を乗り越え、ようやく昼食会場である OKINAWAフルーツらんどに到着。
ここまでの距離は69km
けっこう長い距離走ったんだな~と実感。


沖縄旅行記 センチュリーラン編 11
食事はバイキング形式でカレー、ゴーヤチャンプルー、沖縄そばを食べました。
(あまりたくさん食べてなさそうですが、実は後からフルーツをたくさん食べました)
ごちそうさまでした。


2時ごろ、OKINAWAフルーツらんどを出発。
残り約30kmほど。
後半は割と天気もよかったし、アップダウンも少ないので割とスムーズに走ることができました。

ゴールまであと少し。
さすがにここまで来ると、走り終わったと思しき選手たちが帰って行くのをちらほら見かけました。
私もゴールを目指し、エッチラホッチラ自転車を漕ぎました。


沖縄旅行記 センチュリーラン編 12
3時25分、ゴール!!!
99.8kmの道のりを無事走破。
バンザイ!!!!



沖縄旅行記 センチュリーラン編 13
完走証を発行してもらい、アンケートにも協力。
その後、無料でふるまわれていた豚汁などの食事をいただきました。
走った後の食事は最高っす!!!


沖縄旅行記 センチュリーラン編 14

「お、美味しそう!!!!」

豚の丸焼もお目見え。
絶対に食べて帰りたかったのですが、ゆっくり食べてるとレンタカー返却や飛行機に間に合わなくなりそうだったので泣く泣く断念(涙)。


4時ごろ恩納村コミュニティセンターを後にし、駐車場に戻りました。
自転車を解体して輪行袋に詰め、着替え等を済ませ出発。
高速に乗り、一路那覇へ。
1時間ほどでレンタカー会社に到着、返却後空港まで送ってもらいました。


空港に着いたのは6時前。
さすがに今回は食事もお土産も空港で済ますことに。
今回はモノレールにも乗ってないし、国際通りにも出ていません。
せっかく沖縄来たのに今回はごく限られた範囲でしか行動できなかったのが残念なところ。
那覇での定宿・照美荘のご主人にも会いたかったなぁ…。
(もし会ってたらご主人、ただでさえ大きな目をさらに大きくさせて驚いたことでしょう)


沖縄旅行記 センチュリーラン編 15
空港内のレストランで食事。
ハンバーグ&エビフライ定食


沖縄旅行記 センチュリーラン編 16
お土産も空港内で購入。
最近の私のお気に入りであるパインカステラココアちんすこう
(ちんすこうは人にあげるためのお土産ですが…)


食事とお土産買いを済ませた後、飛行機に乗り込みました。
午後7時15分、出発。

午後8時50分、福岡に到着。
自分の車を停めた駐車場に行き、車に荷物を載せ、家路へ。
9時半、家に到着。
こうして美ら島オキナワセンチュリーランの旅は無事終了しました。


沖縄旅行記 センチュリーラン編 17
今回の参加賞


いやぁ~、本当に楽しかった!!!
自転車で沖縄を走る夢がこんなに早く叶うなんて思いもしませんでした。
100km近い距離を走ったのも初めてだったし、本当にいい体験でした。
アヒル汁を食べるという、またとない体験もできたし…(笑)。
ただ今回は体調がイマイチだったこともあって行きそびれた場所もあったし、何より気持ちにゆとりがなかったように思います。
次回出場する際は万全な体調で臨みたいものです(…ってまた出るんかいっ!)。
そして、また沖縄に行きたいです!!!

(沖縄旅行記 ~美ら島オキナワセンチュリーラン2011編~  おわり)


追記:
それにしても年明け早々、2週間連続でスポーツイベントに参加するというのは大変だったなぁ。
2大会とも離島で開催されたし…。
沖縄から帰って1週間、風邪で大変でした~(笑)。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。