日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月04日 (金) | 編集 |
ネットを題材にするとは、いかにも今時らしい映画だなぁ…。
物語はマーク・ザッカーバーグが世界最大のSNS”フェイスブック”を立ち上げ発展させていく過程に2件の裁判のシーンを交えつつ進行します。
「どこがどう面白かったの?」と聞かれると答えに詰まるのですが、テンポがよくて、「フェイスブックとは何ぞや?」という私も引き込まれて観ておりました。
ダレずに一気に見せ切る手腕は見事です。
それにしても、彼女にフラれた腹いせに立ち上げたサイトがフェイスブックの前身だったとは驚き。

天才と何とかは紙一重ということでしょうか、マークという人物は常人の域を逸脱しています。
確かに頭はいいかもしれないけど、冒頭の彼女との会話から分かるように、相手の気持ちや空気が読めないところがあると思います。
あれだけの成功を収めておきながらガールフレンドや世間一般の娯楽にはあまり興味なさそうだし、服装にも無頓着。
映画の中ではPCとにらめっこしてるシーンが多かったような気がする。
ネットで多くの友人を作るシステムを作っておきながら、リアルでは友人に訴訟を起こされるのが何とも皮肉。
ラストは何とも寂しい余韻が残ります。
マークは人間関係に関しては問題あるだろうけど、フェイスブックに情熱を傾ける姿を見ていると、心底打ち込めるものがあってそれはそれで幸せなことかもしれません。

デビッド・フィンチャー監督によるこの作品はアカデミー賞にもノミネート。
この作品をきっかけにフェイスブックに登録する人が増えたり、ネットで成功した人の映画が続々作られるかもしれませんね。

★★★☆☆ 75点


ソーシャル・ネットワーク 【デラックス・コレクターズ・エディション】(2枚組) [Blu-ray]ソーシャル・ネットワーク 【デラックス・コレクターズ・エディション】(2枚組) [Blu-ray]
(2011/05/25)
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガー・フィールド 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。