日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月04日 (月) | 編集 |
3D吹替版で鑑賞。
悪い老婆ゴーテルにさらわれ、塔の中に幽閉された王女ラプンツェルがひょんな事から盗賊フリンと出会い、外の世界を冒険するというのが大まかなストーリー。
観ていて、先日たまたま見たテレビ番組(再放送)に登場した”母親に8年間軟禁された女性”を連想してしまいました。
ラプンツェルは18年も閉じ込められてた割には悲壮感があまりなかったなぁ…。
(ま、ディズニー作品ですからそれでいいのかも)
馬のマキシマスとフリンのやりとりはユーモラスで楽しかったし、無数のランタンが空に浮かぶシーンはうっとりするほど幻想的。
終盤の意外な展開にはビックリさせられました。
CGのクオリティも高いし、ディズニーらしい王道を行くストーリーで大人から子供まで安心して楽しめる作品だと思います。

★★★☆☆ 65点


塔の上のラプンツェル ブルーレイ(デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]塔の上のラプンツェル ブルーレイ(デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
(2011/07/20)
ディズニー

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。