日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2011年06月09日 (木) | 編集 |
いやはや、圧倒されました。
平たくいえば、バレエで主役の座を射止めたアミダラ姫…もといニナが役にハマっていくにつれダークサイドに墜ちていく話。
前半は官能的なシーンがあり、そういう路線で話が進むのかと思いきや、後半は現実と幻想(妄想?)が入り混じり、半ばホラー映画と化しておりました。
まさに狂気の世界で、観ていた私もどこまでが現実か分からなくなったほど。
二ナが演じるのは白鳥黒鳥という二面性のある役。
清純な白鳥を演じたら非の打ち所がありませんが、妖艶な黒鳥を演じるには何かが足りない。
ニナが黒鳥になりきれないのはむろん経験によるところもありますが、ある意味異常ともいえるニナと母の親子関係が大きく影響してるのではないかと思いました。
ニナを演じたナタリー・ポートマンの演技はとても素晴らしかったし、終盤のバレエシーンも圧巻でまさに鳥肌モノ!!!
実に観応えある作品でした。

★★★★☆ 80点


ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
(2011/09/07)
ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック