日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2011年07月13日 (水) | 編集 |
ダニー・ボイル監督の最新作は観応えのあるサバイバルムービーでした。
冒頭、MTBで道なき道を駆け抜けたり、岩の裂け目から地底湖へのダイブは観ていて本当に面白そう!!!
そんなノーテンキな前半から一転、主人公アーロンは岩の裂け目から転落し、腕を岩に挟まれ身動きが取れなくなります。
(タイトルが出てくるタイミングが絶妙!!!)
ワンシチュエーションながらも回想(妄想?)シーンが挿入され、単調になってないところがナイス。
この窮地をどうやって切り抜けたのかは大方予想通り。
極限状態に陥って初めて見えてくる大切なもの、そして生への強い欲求。
人とのつながりや家族の大切さを教えてくれる作品でした。
いろんな意味で痛々しい作品でもありましたが…。
この映画から得た教訓。
「旅に出かける時は身近な人に行き先を告げましょう」(笑)。

★★★★☆ 85点


127時間 ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定)127時間 ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定)
(2012/01/07)
ジェームズ・フランコ、ケイト・マーラ 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック