日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2011年08月22日 (月) | 編集 |
沖縄旅行記Ⅶ 001



もはや年に一度の恒例行事と化してしまった沖縄旅行。
8月13日~17日の日程で行ってきました。
ナンバリングは7ですが、通算9回目の沖縄旅行です。
(2回はスポーツイベントで行ったので番外編としています)
今回はバスの旅にチャレンジ!!!




     8月13日(土)

午後3時半頃、博多駅に到着。
飛行機の出発時間が午後7時40分なので、その間博多阪急で大鉄道展を見たり、書店で本を買ったり、夕食を済ませたりしました。

空港に着いたのは午後6時半。
搭乗手続きを済ませ、出発を待ちました。


沖縄旅行記Ⅶ 002
今回の航空会社はスカイマーク
運賃は往復で何と3万円台前半!!!
(福岡ー沖縄までの航空運賃、普通は45000円ぐらいします。しかも出発1ヶ月前によくぞ取れたものです)
旅費を安く抑えたのは、8月末に東京に行く用事があって、そちらにもお金がかかるので…。


沖縄旅行記Ⅶ 003
機内は割とシンプル。
ANAなどに比べたら(サービス等も含めて)素っ気無い気がしますが、まあ値段相応ということでしょう(笑)。
午後7時40分出発。


沖縄に到着したのは午後9時頃。
荷物を持ちモノレールへ。
県庁前に行くと、宿のご主人が迎えに来てくれました。

那覇での宿は毎度おなじみ、勝手知ったる照美荘
宿に着くや、ご主人やオバアとゆんたく(おしゃべり)。
実はご主人やオバアに会いたくて毎年沖縄に行ってるんじゃないかと時々思えてきます(笑)。

小腹が空いたので近くの店に行って買い物。
部屋でテレビを見ながら飲み食いした後、シャワーを浴びて寝ました。




     8月14日(日)

朝8時起床。
その日は以前訪れた久高島が目的地。
といっても、昼過ぎのバスで出発予定だったので、午前中はのんびりしていました。
部屋でくつろいでいると、どういうわけかご主人の買い物に付き合うことに。
車に同乗して出発。


沖縄旅行記Ⅶ 004
着いた先はJimmy’s(ジミーズ)
名前は聞いたことありますが、行ったのは今回が初めて。
このお店は沖縄各地にあって、輸入食材の品揃えが充実しています。
ご主人はお盆にお供えするローストチキンを買っていました。
私は久高島で食べるお菓子などを買いました。

次に訪れたのはマックスバリュー
全国各地にあるイオン系列なので特筆すべき点はありませんが、ご主人はここで中身汁(内臓を使った沖縄料理)を買っていました。
ご主人の話だと中身汁は作るのにものすごく手間がかかるそうで、このような出来合いのものを買うことも多いそうです。


宿に戻るとまたしてもご主人やオバアとゆんたく。
1時間近く話したでしょうか、話が尽きることはありません。
話に夢中になるあまり、ご主人中身汁を半分ほど煮詰めてしまい大慌て!!!(笑)

12時半近く、そろそろ出発の時間。
準備をしているとご主人が
「明日那覇に戻るんだったら、1泊分の着替え持ってくといいさぁ~」
とおっしゃるのでリュックに1泊分の準備をし、残りの荷物は預かってもらうことにしました。
随分身軽になった、ラッキー!!
ご主人に挨拶し、宿を後にしました。


モノレールに乗って(たった一駅でしたが…)那覇バスターミナルへ向かいました。
旭橋駅の階段を下りると、おじさんが立っていて
「どこまでいくの?」と聞かれた。
安座真港までです」と答えると
「安座真港までだったら2000円でいいよ」と言う。
周りを見たらタクシーが停まっています。
…なるほど、そういう事ね。
「そんなに急いでませんので…」とやんわりお断り。
(3~4人で乗るのならむしろタクシーの方がお得かも…)


沖縄旅行記Ⅶ 005

沖縄旅行記Ⅶ 006
そんなやり取りの後、那覇バスターミナルに到着。
ターミナルには多くのバスが停まっていました。


沖縄旅行記Ⅶ 007
バスの時刻や乗り場を確認するため、ターミナルの建物の方へ。
「ほうほう、10番乗り場に行けばいいんだな~」


沖縄旅行記Ⅶ 008
建物の一角に古びた売店が。
見たところ久しく営業してなさそうな雰囲気。


沖縄旅行記Ⅶ 009

沖縄旅行記Ⅶ 010
ターミナル内に”仲島の大石”と呼ばれる巨岩があります。
この辺りは昔、海だったそうです。
ここで旅の無事を祈りました。


沖縄旅行記Ⅶ 011
10番乗り場に行くと、バスがやってきました。
私が乗るのは38番(志喜屋線)のバス。
ちなみにバス会社は東陽バス(沖縄のバス会社は全部で4社あります)。
整理券を取り、バスに乗り込みました。


沖縄旅行記Ⅶ 012
車内は昔ながらの乗り合いバスといった感じ。


沖縄旅行記Ⅶ 013
午後1時20分、出発。
沖縄で初めてのバスの旅がスタートしました!!!
(つづく)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック