日々の出来事や趣味の事など、いろいろ綴ります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年08月31日 (水) | 編集 |
沖縄旅行記Ⅶ 035

沖縄旅行記Ⅶ(2)はこちら



午前8時起床。
本当は早起きして日の出を見たかったのですが、次回の旅の楽しみに取っておきました。
(断じて寝坊したわけではありません!!!…汗)


沖縄旅行記Ⅶ 036
朝食前、屋上から風景を眺めました。
とてもいい眺めです。
天気もよくて、思わず「ラジオ体操の歌」を歌いたくなるような爽やかな朝でした。
(もちろん歌ってません。歌ったら久高島民の注目の的です…笑)


沖縄旅行記Ⅶ 037
はるか本島にニライカナイ橋が見えます。


部屋に戻ってしばらくすると、朝食が用意されました。


沖縄旅行記Ⅶ 038
いかにも青少年自然の家っぽい雰囲気の素朴な朝食。
右上の葉っぱにくるまれたものは、甘いお餅のようで美味しかったです。


時間はまだ9時前。
船の出発時間が午前11時なので、それまで自転車で散策。
カベール岬に行って、北側にあるロマンスロードへ向かいました。


沖縄旅行記Ⅶ 039
久高島のいたるところで見かけたアダンの実。
一見パイナップルに似てますが、食用ではないようです。
食べたらどうなるのでしょうか?(謎)


困ったことに、ロマンスロードは木々があちこちに倒れていました。
台風の影響でしょうか?
先に進めなくなったので、結局来た道を戻ることに…。


沖縄旅行記Ⅶ 040

沖縄旅行記Ⅶ 041
ヤクルガーへ行きました。
今回沖縄で見た海は、後にも先にもここが一番きれいでした。
(ていうか、今回の旅ではあまり海を見てません…残念)


集落に戻り、ぶらっと散策。
地図を見ても迷子になりそうです(苦笑)。


沖縄旅行記Ⅶ 042
久高殿、御殿庭(ウドゥンミャー)とも呼ばれます。
かつてイザイホーの祭りが行われていた場所です。





沖縄旅行記Ⅶ 043
外間殿(ウブグイ)
ここでもかつて祭事が執り行われていたそうです。


沖縄旅行記Ⅶ 044

沖縄旅行記Ⅶ 045
集落には売店が数箇所あります。
素泊まりだったのでビール等をここで調達しました。


沖縄旅行記Ⅶ 046
久高島郵便局
ここから友人らに絵葉書を送りました。
何でもこの郵便局、宿泊ができるそうです。
(実は電話で問い合わせましたが空いてませんでした)


沖縄旅行記Ⅶ 047
宿泊交流館に戻ってきました。
まだ少し時間があったので、館内にある久高島民俗資料室を見ました。
ここには久高島やイザイホーに関する写真や資料が展示されています。


資料室を見ていたらもう10時45分。
チェックアウトした後、車で港まで送ってもらいました。
宿の人に挨拶し、船着場へ。


沖縄旅行記Ⅶ 048
久高島は本当にいいところでした。
本島に比べると静かな島ですが、そこがまたいいんです!!!
船に乗る間際になって「もう2.3日いたかったなぁ~」と思ったほど。
後ろ髪引かれる思いの中、船に乗りました。


午前11時、船が出発。
久高島を後にしました。
15分ほどで安座真港に到着。


沖縄旅行記Ⅶ 049
港でしばらく時間をつぶしてバス停へ。
10分ほど待つとバスが来たので、手を上げて停めました(タクシーを停めるみたいに)。
沖縄では手を上げないとバスが停まらないと聞いていたのですが、最近はそこまでしなくてもきちんと停まってくれるようです。
さすがに手を上げて停めるのは恥ずかしかったな…(汗)。


午後1時、那覇バスターミナルに到着。
ターミナル近くを30分ほど散策していたらお腹が空いてきたので、旭橋駅から程近い場所にあるジャッキーステーキハウスに行きました。


沖縄旅行記Ⅶ 050
ジャッキーステーキハウスは私のお気に入りの店。
もう何度行ったことでしょう。
人気店ということもあり、店の前で15分ほど待ちました。


沖縄旅行記Ⅶ 051
ここには有名人が結構来ていて、店内にはサイン色紙が所狭しと貼られています。
スポーツ界だと宮里藍さん(地元じゃねぇか!)、お笑いだとアホ…もとい、坂田利夫さん、ミュージシャンだと長渕剛さんなど、多くの有名人が来ています。


席に着いてSサイズのステーキを注文。
10分ぐらいで来ました。
Sサイズといっても200gあるのでかなりボリュームあります。
いやぁ~、何度食べてもうまいッス!!!

ステーキを堪能した後、モノレールに乗り再び照美荘へ。
(つづく)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
島といえば、思い出す・・・
こんにちは。
久高島、なんと読むのでしょうか?
やはり、海の色がきれいですね。

私の友人は、周囲4キロの島の出身です。
約20年前、遊びに行きました。
1泊して帰る時、港に歩いて向かっていたら、、
その島の友人が、財布を忘れて、家にとりに帰りました。

友人がくるのを待ちながら、ゆっくり港へ歩いてたら、
フェリーが、港を離れて出航していきます。
まだ、友達こないなあ、と思ってたら、
その子が走ってきて、
「止めて、フェリー呼んで!」と。
えっ、呼ぶ?と思いながら、「おーい!」と手を振ると、
戻ってきてくれました。
とにかく、それが最後の便で、
それに乗らなければ帰れなかったということで。

驚きの体験でした。

2011/09/02(金) 19:37:02 | URL | ヒロ #7VgScPWU[ 編集]
No title
ヒロさん、こんにちわ。
夏風邪で3日ほどダウンしておりました…。

久高島、くだかじまと読みます。
ここは沖縄を作った神さま”アマミキヨ”がやってきた場所といわれております。
近年はパワースポットと呼ばれることもあり、観光客が増えたように思います。
久高島は海はとてもきれいでしたし、猫もたくさんいましたよ~。

島のエピソード、実にのどかな光景ですね(笑)。
島らしい大らかな雰囲気を感じます。
2011/09/05(月) 23:15:14 | URL | doruhin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。